文度母のSpace

皆さんが幸福な人生を送っていただくお手伝いができればと、
心から願っています!
為善最楽(いぜんさいらく) 善い行いをすることが一番楽しいことである。 という意味の四字熟語です。 これはスローガンではありません。 あなたの善行が、誰かに起きた重大な出来事を解決する助けになれば、本当に心地が良いものです。 この道理は何でしょう? 善行は"喜" 悪行は"憂" 喜びは"陽の気"を、 憂いは"陰の気"をつくります。 真の善行は、精神的に楽しいだけではありません。 身体にも非常に良いのです。 善行は、こんなにも大きな効果をすぐに得られるのです。
一人で歩けば、黙々と速く進めるけど、必ずしも遠くまで行けるとは限らない。 みんなで歩くと、ゆっくりとしか進めないんだけど、すごく遠くまで行くことが出来るんだ! 文度母より

健康長寿の秘訣!

 

私達の体には「気・血・水」が通る、十二の経絡(ツボの筋道)があります。

 

一日を、十二(干支)に分けた時間を時辰(じしん)といい、一つの時辰に、一つの経絡が流れ、相連なって体内を循環します。経絡は陰陽五行説とも密接な関わりがあり、時間毎の経絡を知ることは健康長寿に繋がります。

 

 

子時:2300100

胆経: 睡眠を!

この時間は、胆の新陳代謝が必要です。

体は睡眠に入り胆機能は代謝を完成します。また、心臓の機能は最も弱まるので、心臓に持病がある人は、備えて気をつけましょう。

 

丑時:100300

肝経 :熟睡を!

この時間は、肝が修復するのに最も良い時です。

丑の時間帯に、古い血液は捨てられ、新鮮な血液が生まれ完成します。

人体は深い安眠状態に入り、肝臓にエネルギーが充足されるようにします。

起きていると、肝臓は思考と行動を支持してしまい、新陳代謝を終えることができず、肝臓病にかかりやすくなります。

 

寅時:300500

肺経 :大地が陰から陽へと転化していき、人体も同じく陽に入って陰が衰えていきます。

この時間帯は、肺経が最も旺盛に流れます。肝臓は血液を肺に提供し、肺から全身に届けられます。人体は、やや多めに酸素を吸う必要があります。

肺病の人や喘息の人は、昼間よりも寅の時間に薬を飲むと効果があります。

 

 

卯時:500700

大腸経 :排便を!

排便前には一杯の温水を飲みましょう。

この時間は、大腸経が旺盛になり、食物の中の水分を吸収して余分な食べカスを排出します。

 

辰時:700900

胃経 :朝食を食べましょう!

この時間は絶えず胃酸が分泌され続けています。

もし、お腹が空いた状態が長く続くと、胃潰瘍、胃炎、十二指腸炎、胆囊炎等の危険にあいます!

 

巳時:9001100

脾経 :水を多めに飲みます!

脾臓は消化、吸収、排泄したものを振りわけます。脾臓の後に主要器官へ行きます。

脾臓を補うもの:はと麦、小豆、山芋粥。一日で2ℓのミネラル水を継続的に飲みます。

(この時、くれぐれも水以外の飲料は飲まないように)

 

午時:11001300

心経 :小休憩を!

心臓が血液運行を進めます。少し休養をして、心と身体を養います。

短時間の昼寝は、休養に大きな効果があり、これから過ごす午後と夜の心身を充実させます。

※昼寝は30分以内にしましょう。不眠を引き起こします。

 

未時:13001500

小腸経 :一日の栄養は小腸を経て調整されます。小腸が炎症を起こすと、すぐに栄養を排気してしまいます。人体に必要な栄養物質が全て吸収されるように、13:00までには昼食を食べ終わりましょう。

 

時:15001700

膀胱経 :排尿を!

膀胱は水液を体外へ排出します。もし、膀胱炎になったら、即、残尿感があります。

膀胱の活動は、摂取した水分に最も相応しています。必ずこの時間帯は尿意を我慢しないで、尿が停滞しないようにします。

 

 

酉時:17001900

腎経 :腎は生殖と五臓六腑の根元です。申の時には人体の過剰な熱を排毒し、酉の時間になると本当に必要なものを貯蔵します。男性の時間とも言われています。腎臓機能に問題がある人は、酉時に腎臓に効くマッサージをすると効果が明らかにあります。

 

 

戌時:19:002100

心包経:心膜経。(心膜:心臓をとり囲む袋状の膜)この時間の過ごし方が安眠、快眠が出来る条件になります。

穏やかな心理にします

 

 

亥時: 21002300

三焦経 :三焦(さんしょう:実体の臓器ではなく生理機能を指す)は人体最大の腑です。

諸々の気を支配し、体内の水を疎通させて巡回しています。亥の時間は、三焦経は全ての脈を通るので、休養し力を養います。

 

 

 

健康は、自然の法則に合わせることが一番です!

何よりも良い栄養です。

 

寝る時間や食べる時間、仕事の影響もあって生活リズムが大きく乱れている方がとても多いです。

結局、健康を失いその為に出費が増えると効率も悪いですね。

 

「いったい、何の為に働いているのか・・」

 

この根本的なことを今一度、振り返ってみてください。

 

文度母

 

 

 

〜日々の出来事について目次〜

読みたい記事のタイトルをクリックして下さい。

 

二つの生命

 

文度母からの言葉(あなたが与えていること)

 

結婚について

 

あなたの福が減ると、一体どうなるのでしょう?

 

不思議!あなたの"財運"がどこにあるのか身体が教えてくれます。

 

人生の鍵

 

どんな人の苦楽にもある原因と結果のお話

 

お言葉 弟子は問う

 

旬の柿について

 

孝行についてのお話

 

二十一の口業について

 

食供養と薬供養の伝承会のお知らせ

 

あなたにとって親孝行とは?

 

住環境について

 

順境と逆境

 

大晦日について

 

五福について

 

六字真言とお釈迦様のお話

 

夢や願望について

 

金縛りについて

 

『足でピアノを引く男性』

 

大きな魚の話

 

先日のドキュメンタリー映画について。

 

今日は千手観音様開眼式でした。

 

千手観音開眼式

 

善業をなくす6種類の行動・行為。

 

知恩・念恩・報恩

 

ある精進料理のシェフの話

 

水の特質

 

お祈りの仕方!

 

中古品を買う場合

 

結婚運について

 

何時に寝ると良いか?

 

徳は一体どうなものですか?

 

同性愛について聞かれました。

 

40歳以降の運

 

服と人の運勢ーその1

 

業について

 

若い時、運がいいのは

 

母乳

 

あなたの心配で子どもの運が…。

 

11月16日ー【赤い橋を渡りましょう!】

 

前世と今世の顔!

 

前世と今世の顔!

 

前世と今世の顔!

 

どうして前世の記憶が無くなったのでしょうか?

 

家族のエネルギーがどのように流れているのか?

 

 

 

 

 

 

人が生まれる時、
二つの生命の誕生があります。

一つは、
肉体的な出生

もう一つは
"魂の目覚め"です。

魂が、再び目覚めた時には"愛"を求めて探し回りません。

自らが、愛を生み出し、愛を創ろうとします。


魂が目覚めて、
やっと本当の意味での「生きること」が初まるのです。

文度母の法話
あなたが、相手に与えている事は、実は全て自分に与えている事になります。


だから
もし、あなたが愛されたいと思うなら、
先に相手を愛しましょう。

相手から尽されたいと望むなら、
まず、あなたから相手に尽くしましょう。

この方法は、間違いなく効果があります。

そして、誰にでも、どんな時にでも活用出来ます。

文度母
結婚は大変おめでたいことです。

「結婚出来る。」
これも運の一つです。
運があるから結婚出来るのです。

そして、招待を受けて結婚式や披露宴に参加することも大変良いことです。

良いエネルギーが頂けます。

みんなが、喜ぶ気持ちになり、おめでたい言葉、エネルギーの高い装い、おめでたい料理も振舞われ、空気も違います。
だから普段より写真の表情も綺麗に撮れますね。
会場の"気"もプラスのエネルギーであふれます。


新郎新婦の強運をわけてもらえます。

お祝いには、それなりに準備や出費、時間もかかりますが、それ以上の運を頂けます。
面倒に思う、渋々使う、惜しむ心の計算は、運気を洩らしています。
同じ計算でも、良い事に喜んで使うと良いエネルギーになります。
特に、自分の運が低迷中やトラブルがある人は、お祝い事に参加すると運を変えるチャンスです。

結婚に関わらず、お祝い事には喜んで参加して祝福してあげることがとても大切です。

その時の記憶が、プラスのエネルギーとしてずっと体内に残り働いてくれます。
あなたの福が減ると、一体どうなるのでしょう?

《了凡四訓》は、袁了凡(えんりょうぼん)という方が書いた本です。

袁了凡は35歳の時、大変な高僧である雲谷禅師から教えを受けて、
心を修め自身の運命を変えることに成功した人物です。

この本には、改心した日の様子が書かれています。

「この日から、私は一日中びくびくするようになり、改心する前と後で全く様子が変わりました。
前日までの私は、放心してわがままに、勝手気まま、成り行き任せに振舞っていましたが、
戦々恐々(恐れ慎む)と努力して励むようになりました。

真っ暗な部屋の中にいる時や、人がいない所、誰にも見られていないときでも、
常に言動を慎んで天地の神様に失礼がないように気をつけています。
私を嫌う人や誹謗する人に出会っても、気にせず、平然と穏やかな態度で包容するようにしました。」


悪念を起こし、悪い言葉を使うと、自己の福が減って悪事が起きます。

《感應篇》という書物の中に、福が激減すると、以下の現象が現れると説かれています。


一、貧乏:落ちぶれて貧困になります。

今持っている財産も、いわれなく次第に失っていき、楽しんで使うことが出来ません。
例えば、元々の商売はとても良く繁盛していたとしても、すぐに稼ぐことが難しくなります。
暮らしにも余裕があった人は、1日を過ごすことが困難になります。
他人が、一のお金を使って楽しめる飲食や行楽も、自分はその十倍を出すことになったり、百倍使ってやっと楽しめます。
これは全て、自分が作った悪の結果によって、福が激減したことを告げています。


二、憂鬱:心配して心を痛めることが起きます。

心配や不安になる事に遭遇することが、どんどん増えてきます。
家庭、事業、人間関係などの危機が四方八方に起こり、憂鬱になる事情が重なって尽きません。
心は安らぎを得られず、心配と苦痛が付きまといます。
笑顔も減り、心配事を思わない時間はほんのわずかです。
福が激減すると、このような心理になります。

三、嫌悪:周囲の人が離れていきます。

自他との嫌悪感が増えていきます。
元々は大変仲の良かった家族が、嫌悪感が出てきて次第に口論になり、安らぎの場所から紛争の場所に変わっていきます。
とても仲良しだった親友とも疎遠になったり、仲互いして恨みあう相手になります。
また、出会った人からも、いわれなく嫌悪されて仲良くしようとされません。
これは、福が造られる機会が大きく減っていることを告げています。


四、災難:公の罰による天災、人災が降ってきます。

天災、人災は、自然の道理に従って造られる悪で、自分でコントロールしたり防げません。
災難が発生すると、すぐに国は法律に従って制裁しなけらばならず、いささか"国難"に関わる部分もあります。
殴り合いのケンカに出会って傷を負ったり、交通事故、地震など、天災や人災の痛ましい報いと遭遇することになります。
やはりこれも、福をもたらすこと機会が大きく減少していることを告げています。


五、凶事:慶事が遠ざかり、凶事が寄ってきます。
善神から遠ざかり、慶事の機会がどんどん減り、なぜか不思議と縁起の悪い出来事や不吉な事が増えていきます。
人は絶えず悪を造っています。その上、反省も、悔い改めもしなければ、自分が自分に失望を生じさせ善神も遠ざけます。
こうして、自分から色々なおめでたい事や慶び事から段々と近づくことが出来ないようにします。
そして、不思議に悪は段々と近づくことが出来るようになり、しかも、祟(たた)ります。
原因と結果を恐れず、悪誘導のままに行動し、でたらめな結果を造ります。

もし、"福"が極限まで減ってしまったら、どうなるのでしょう?

これ以上に福はない、という悲惨な今生から離れたら、地獄・饿鬼・畜生の三悪と呼ばれるところで大変な苦痛を受けます。
人に生まれ変われるのは、その人が前世で、悪い行いをせず、善い行いをして、多くの福徳を溜めた人です。

現在の福は、激減して尽きようとしています。このままでは、福を造る資格もなく、残っている福も減り続け、三悪で苦痛を受けてしまいます。

もし、悪念を思ってしまう時は、毎回、自分ですぐに気が付くようにします。
神様は、私達の全てを知り全てを見ておられます。

もし、自分に悪念が芽生えたら、すぐに、
「全てをご存じの神様に見られて、とても恥ずかしい。」
という心を起こします。

そして、
「この悪念をこれ以上、造りません。」と誓願します。

悪念を思っても、悪念の制御と除去が出来るようになれば
悪い言葉の"悪"は自然に無くなっていくのです。


スタッフから皆様へ

8日間に渡り、毎日、福が減るお話をお届けしましたがいかがでしたでしょうか?

福が減ると大変恐ろしい現象が起こり、その原因は悪念から起こります。

では、悪念とは何でしょうか?
人それぞれに思われるところがあると思います。

私たちは、よく「悪気がない」という言葉を使います。
本人には、自覚がなく相手を傷つけてしまう事ですが、これも悪念の一つなのでしょうか?

未熟な私は、先生にお尋ねしたところ、わかりやすい例えで教えて下さいました。

「発信する人と、受け取る人がお互いに"善意"があり、相手をよく理解出来ているかどうかによります。

相手が聞き流せても、タブーな発言もあります。 
例)「なにその服〜!?貧乏人みた〜い〜(笑)」

発言やタイミングに気配りが必要ですね。
冗談が上手い人は、そのあたりを理解しうまくコントロールします。その場をシラケさせることなく陽気な笑いに変えてジョークの良い効果を出せます。

楽しく生きていくには、まじめに冗談を言わないのも面白くありません。

聞く側もその気持ちに理解を持ちます。心を広くし、余計な反感を持たず"善意"で聞いてあげます。

このように、互いに"善意"を持てば、実は「ブラックジョーク」という言葉は成立しません。

言葉を固いイメージでとらえずに、柔軟性を持ってください。
これはいい言葉か、悪い言葉かと、いちいち敏感に過剰反応する必要もありません。

日常の会話でも同じことが言えます。"善意"を持つように心がければ次第に"悪念"は起こらないようになります。」

更に、文先生は、福が減る現象について、こうもおっしゃいました。

「福が減る。こういった暗い話は、読んでいて不安にもなるし、心も重くなるでしょう。

しかし、これが現実なのです。

福が減ると本当にこうなるのです!

現実を知って下さい!!

良い事だけに目を向け、恐ろしく、むごい事も知らないと、人としての視野が狭くなります。

何か起こっても、打たれ弱く、動揺して逆境にも耐えられないのです。

心も言葉と同じです。
良い事も悪いことも、心が広くなり、智慧が備わると、何をみても、何か起こってもプラスに見え感じるのです。
そうなることを目指すのです
。」

私たちは、日々、先生に教えて頂き、自分磨きをしている間にも色々と困難が起こってきます。

先生から、同じことを同じように学んでも、人によって結果は様々です。
文先生は、私たちが悪念による因果応報を理解し、もっと強い心を養えるようにと福が減るお話を教えて下さいました。

このことを、皆様にお伝えできる機会を頂けた事に心から感謝いたします。
ありがとうございました。


 
不思議!
あなたの"財運"がどこにあるのか、身体が教えてくれます。


明らかに努力しているのに、どんな状況下でも、大きな財を持てない人がいます。
中国の医学心理説から診ると、身体の健康問題から引き起こされた不遇であることがしばしばあります。

●貧乏ゆすり
原因:腎気不固

腰と太腿(もも)は、人体を持ち上げる源であり、腎臓は人体の主要な臓器です。

膝を、小刻みに揺り動かすことによって、腎気不固(腎臓が本来あるべき定位置に落ち着かない)を引き起こします。

貧乏ゆすりは「男は出世せず、女は金を撒き散らす」と言われています。
これは、腎気不固を指し、自己の正常な日常生活や安定した仕事がしくくなり、落ちぶれた生活を送りやすくなります。

中国に「站如松、坐如鐘」
(意:立つ時は松のごとくに真っすぐに立ち、座るときは鐘のごとくどっしり座る)
という古語があります。

姿勢を良くすると、身体は安定し、この道理もよく理解できるでしょう。


改善方法:
毎日15-20分間
太溪穴、昆仑穴、涌泉穴のツボ押し、マッサージが適しています。






●ため息
原因:肝気不舒

『黄帝内経』という本に “肝のにぶい者は、よく溜め息をつく” と記載されています。

これは、肝臓の虚弱を指しています。
肝臓の役割である人体の浄化が不充分になり、わけもなく頻繁にため息をつきます。

また、『黄帝内経·霊蘭秘典論』という本では、人体の生理的機能を官職に例えています。

"肝は将軍の官、謀慮を為す"
(意:肝は将軍の働きをし、身体活動を円滑にし休息を指揮する。)

"胆は中正の官、決断を為す"
(意味:胆は
裁判官のように、公平中立の立場で内臓活動の適否を決断する。)

肝は、自分が思いめぐらす思考や計画が穏やかではない事、
早急、緊張、激しい、荒い思考はその機能を低下させます。

"肝"と"胆"は表裏一体です。
肝の気が、胆の落ち込んだ気分をほぐすことが出来ないと、決断能力が低下します。


企画・計画・決断の能力が全て衰えるため、当然、物事を上手く運べません。
つまり、財を多く得るために必死に努力できないのです。

改善方法:
毎日15-20分間
太冲穴のツボ押し、マッサージが適しています。






●眉間のしわ寄せ
原因:心気不足

常に眉間にしわを寄せている人は、心気不足で気を緩めることがありません。
このたぐいの人は、両腕を前に組むしぐさを好みます。

心気が足りていると、脳も清明になり、気持ちが豊かになります。
外交的で、他に対しても楽天的で融通性のある思考になるため、財をより得やすくなります。


反対に、常に眉間に皺をよせている人は財を得にくくなります。

改善方法:
毎日15-20分間
膻中穴のツボ押し、マッサージが適しています。



●ツバやヨダレが多い
原因:脾気不運

口の中の唾液が多すぎる人は、体内の分泌物を外へ出せない脾臓の虚弱からによるものです。
このような人は、食の興味も薄く、食後の腹部膨満感にも問題があります。


「民以食为天」
(民は食を以て天と為す)
という古語があるように、脾臓は物事の考慮に対応します。

若い人が"脾気"が弱くなると、物事に対して、すぐに簡単な結果を出しやすい思考になります。
当然、財を得ることに到達しません。

改善方法:
毎日15-20分間
隐白穴、三阴交穴、血海穴のツボ押し、マッサージが適しています。





●前のめりに歩く
原因:肺気不隠

肺は、自然の法則による形です。
頭部と対応していて、人の気持ち(志や情=魂)にも対応してるので静かにします。


常に一人でいるかの様に、腰をかがめ、猫背、頭は足より前に出て、前のめりに歩く人は、落ち着きがなく"肺気"が安定していません。
性格はせっかち、短気で、仕事も落ち着いて十分に出来ず、出世もしにくくなり重要なポストには就けません。

改善方法:
毎日15-20分間
太渊穴、のツボ押し、マッサージが適しています。



 
〜人生の鍵〜

ハーバード大学では75年間にも渡る時間を費やし724人を対象にある研究をしました。

「美しく輝かしい人生を過ごす重要な"鍵"は何なのか?」

当初、研究者達全員は、努力と成功、財産が増え続けること、社会的地位が上がっていくこと...などを考えていました。

しかし、724人の研究結果では

良好な人間関係(友人、家族、同僚、配偶者との親密な関係)

が最も肝心で必要なことだと解ったのです。

文度母より
| 1/5PAGES | >>