文度母のSpace

皆さんが幸福な人生を送っていただくお手伝いができればと、
心から願っています!

あなたが風水を取り入れたいなら、その「根源」を探る必要があります。

 

風水が悪いと、財を招けず、災難に遭い、お寺に助けてくれるよう頼みに行ったりしますが、でも、これらは全て表面上に起こってきたことで、あなた自身の運勢を完全に変えることは出来ないのです。
 

 

風水の根源は、自らご先祖様を供養することです。

 

ちょっと考えてみてください。

 

あなたの生命は、どこから来たのでしょう?

 

あなたのお父さんとお母さんからですね。

 

じゃあ、お父さんや、お母さんはどこから来たのでしょう?

 

更に、おじいちゃん、おばあちゃんの祖先はどこから・・・?

 

それは、あなたの「根」から来ています!


草木に水やりをする時には、根も含めて一緒に水を撒くことが必要で、根が強いと自然に枝葉が茂るように、あなたの家も「根=ご先祖様」が良くなると繁栄していくのです。

 

これは、冗談ではなく本当に重要な事なのです。

 

 

 

 

以前、私はAさんと、家族が二〜三百人ほどいる、ある村の一族を訪ねました。

 

この家の人達は、安定した仕事につき、各地でエリートとして活躍する人達がとても多いのです。

 

Aさん:
「彼らの家の風水がとても良いから、こんなにも一族が栄えるのですね」

 

先生:
「Aさんは、風水の一端しか知りませんね?

 

この家の人達は、毎年旧暦の大晦日に何をすると思いますか?

 

家にはご先祖様の位牌があり、各家庭の長男や一番上の孫が、ご先祖様を徹夜で夜通し供養をするのです。

 

だから、あの家の風水が良いのは、自分たちの「根」がどこにあるかを知っていて、根であるご先祖様を供養するのが良い事だとわかっているからですよ。

 

大晦日にする焼香は、"陽(生きている人の世界)"にも光を与え、供養専用の紙を燃やすことは、"陰(冥界におられる方)に富を届けられます。

 

陰と陽はとても大事です。

 

どちらかが多過ぎてもよくありません。

 

先祖と子孫が良い循環になるように供養をします。


昔から、あの家では線香と灯明が絶えないように、家の人達が代々語り継いできたからです。

 

線香と灯明が絶えることは、子孫が絶えることを意味します。

 

また、線香と灯明は財富の代表でもあります。

 

今の私達がこうして繁栄出来ているのは、昔からご先祖様が途切れることなく徳を積んできてくれているからですよ。


だから、ご先祖様を供養するときは、敬虔に行いましょう。」

 

Aさん:
「良くわかりました。先生、ご先祖様は、いつ供養したら良いのでしょう?」


先生:
「清明節、お盆(旧暦7/15)、寒衣節(旧暦10/1)、冬至、大晦日(旧暦の大晦日)の五日がご先祖様を供養すると良い日です。

 

これが、最も基本的な日です。

 

基本なので、自分の運勢がうまくいってない方は、更に供養が必要です。

ご先祖様に届ける冥福袋も、本当に大事な供養なのですよ。」

 

 

 

 

 

運勢を変えたくて、徳を積みたい人がいたら、ご先祖様の供養を沢山行うと良いでしょう。

 

ご先祖様に感謝してその恩に報うことで、ご先祖様が守護して目にかけてくれ、ようやく家族の運勢は良くなっていきます。

 

もし、供養が出来る環境にいながら、ご先祖様への感謝の気持ちを形に表さずにいると、それはつまり親不孝の表現といえるでしょう。

 

ご先祖様は家族の根です。

 

私達は、この樹をよく見なければいけません。

 

樹の根は動きません。

 

枝や葉は動かしても、しばらくすると、また生えてきますが樹の根を一旦抜いてしまったら死んでしまいます。

 

樹の根はとても重要なのです。

 

今のあなたの財産や幸せが、自分の能力によるものだと過信しないでください。

 

ご先祖様の加護がなければ、あなたの福はどこから来ますか?

 

なぜ、私がこのような事を話すのか?


あなたには名前があり、同じ名前の人も多くいますが彼らは運が良いですか?

 

あなたは、どうやって財を得ましたか?

 

同じ日の同じ時間に生まれた人達もそうですが、運命はそれぞれに異なり、これは、ご先祖様が善行を積んでこられた加護の違いによるものです。

 

この道理が本当に分かってこそ、ご祖先様への感謝と尊敬の思念を長く続けることが出来ます。
 

そして、供養するときに、本当に感謝と尊敬の気持ちが通じるように、届くように信じることが大切です。

 

 

 

 

ある相談者のお話です。

 

先生:

「もし、あなたのご先祖様の徳と加護がなかったら、あなたは今日まで生きていられず、もっと以前に亡くなっていたでしょう。」


相談者:
「そういえば、小さい時に、つまずいて階段の上から転げ落ちて奇跡的に命が助かりました。


周りには誰もいなくて、その場で二時間も倒れていたのに、鼻の下の一個の傷痕以外、顔面の傷が全て良くなりました。ありえないことでした。」

 

先生:
「ご先祖様の徳の話をあなたは、信じますか?」

 

 

相談者の男性は、故郷に一年に一回家に帰ります。

 

その後、彼が故郷に帰省した時に、伯父さんが家系図を取りだして家族に見せて、ようやくわかったのです。

 

四世代以上前のご先祖様に、出家して和尚さんになり住職をしたおじいさんがいました。

 

元々、この家の一族はお寺で修行をして善行をして徳を積んでいたので、子孫は守られたのです。

 

相談者:

「先生が言っておられたことは本当に正しいです。

ご先祖様の徳によって今日の私があります!」

 

それ以後、彼はご先祖様の位牌をつくり、よく感謝してご先祖様を供養しています。

 


 

4月の開運レシピ

 

4月の運気を上昇させたい方

 

●竹や水のある場所に出かける。

 

●家の中にある、古い荷物や古い照明器具があれば捨てる。

 

●近場にある、自分が好きな行きたいところへ小旅行をする。

あなたの金銭を見せびらかしたり自慢しないで。

・・・病院では只の紙切れ同然です。


あなたの仕事を誇らしげに自慢しないで。

・・・あなたが倒れたら、無数の人があなたよりも、更に優れた仕事をするでしょう。


あなたの家を得意気に自慢しないで。

・・・あなたが家を去ると、その家は他人の住処になるのですから。


あなたの車を自慢しないで。

・・・あなたが車を手離すと、すぐさま他人がその車の鍵を握るのです。


あなたが唯一、

ほんの少し自慢できること。

それは、あなた自身の健康です!

3月の開運レシピ

 

イエローゴールドの物を良く使う。

 

黄色いマットや絨毯。

 

地下鉄をよく利用する。

 

声を出して歌う。

 

今月、取り入れるとプラスのエネルギーを出してくれます。

 

明日3/2は、旧暦の1/15日にあたり元宵節(げんしょうせつ)の日です。

 

お正月の締めくくりの日です。

 

元宵節の始まりは、中国2000年前の前漢の時代からです。当時は、仏教の僧達が毎年1/15日に神仏様に敬意を表し、夜になると灯りをつけていた祝いの儀式です。


以後、次第に中国の盛大な民間の祝日に発展していきます。

 

日本でも中国に習い、小正月(こしょうがつ)といって1/15には、家庭的な行事を行う大切な節目です。


餅や団子を小さく丸めて柳などの木の枝につけた餅花(もちばな)を飾ったり、病気をしないようにと小豆粥をいただく風習が残っています。

 

🔴元宵節は家族が円満であるように、丸いお団子を食べると良いです。

 

円は、始まりもなく終わりもないとても縁起がよい形です。

 

できれば、温めて家族で召し上がって下さい。

 

 

神仏様を敬い、家族が仲良く無事に一年を過ごせるように祈り、黄色のローソクを7つ灯すと良い日です。

 

4月の予定のお知らせ

 

🔴供養
4/7(土)
10:30〜
清明節の時期です。
ご先祖様に供養されるととても良い期間です。

供養のお申込みはこちらから↓
https://pro.form-mailer.jp/fms/488a601936642
定員に達しましたら締切致します。
お申し込み後、七日以内にスタッフから受付のご案内がない場合はお知らせください。


🔴密道学習会

1回目
4/13(金)
10:30〜

2回目
4/27(金)
10:30〜

🔴4/5
清明節
お墓参りと先祖供養の最も大事な時期です。
4/5、もしくは、前後それぞれ15日間の期間(3/22-4/19)にお墓参り、先祖供養、冥福袋を送ると良いです。

お財布について

 

財布は、お金が直接出入りするとても大切な持ち物です。

 

財布の寿命は1000日、約3年です。

 

財を引き寄せるパワーは、使い始めてから徐々に上昇し一年半後にピークを迎えます。

 

その後、徐々にパワーは低下していきます。

 

このため、財布は三年以内に交換すると良いでしょう。

 

また、ご自身が仕事や結婚など新しく何かをスタートする年にも財布を新調すると良いです。


[財布の使い方]

 

全ての物は、

 

一からニが生まれ、

 

二から三が生まれ、

 

そして「三」から万物が生まれます。

 

財布を購入したら使用前に「三万円」を財布に入れ最低「七日間」置くようにします。

 

神仏様をお祀りされている方は、神棚にお供えされても良いです。

 

※「七日間」置くのは星の周期があるからです。

 

寝かせた三万円は使っても、そのまま財布に入れ続けても良いです。

 

財布を使い始めたら出来れば常に三万円以上を財布に入れておくようにします。

 

3/11の観音様開庫の日に向けて、新しいお財布を先生宅の神仏様にお供えをされてから使われても結構です。

 

財布のお供えをご希望の方は3万円を入れて3/2までにスタッフにお預けください。

 

おまとめして、事前にお供え致しますので観音様開庫の日にお持ち帰り下さい。

 

 

3/11 観音様開庫の日詳細お知らせ

 

昔、観音菩薩様が修行されている時に500人の護法様が見守っておられました。
その500人の護法様は、観音菩薩様が修行できているか試すために物乞いに変身して観音菩薩様の前に現れました。
そして「ご飯が欲しい」と言いました。
その時、観音菩薩様は倉庫を開けてご飯や食べ物を渡し物乞い以外にも貧しい人に食べ物をお与えになりました。

それ以来、この日を毎年「観音様開庫の日」としました。

観音様開庫の日が、一年間で一番「お願い事」が届きやすい日です。

わかりやすく言えば、あなたの願望が一番強く発信されます。
そうすると宇宙はあなたのために働いてくれます。

“自分自身が本当に思い信じられる事を願って下さい”

例えば
来年自分は"総理大臣”になりたい。と願ったとします。
これは、ご自身でも信じられないでしょう。
そうではなく、現実的でご自身が本当に信じて叶えられる事を願って下さい。お金についてお願いしてもいいし健康についてお願いしてもいいです。

善業を一つ言ってもいいでしょう。例えば、今年一年無駄な殺生はやらないとか、親子仲良くしますでも結構です。

※ご自身のことではなく家族や他人の為のお願いごとをしてもいいです。(例:子供の健康など)

また、ご自身が普段から良くないと思っているマイナスのことを直していくと一つ約束して下さい。

⭐重要⭐
お願い事と約束した事は必ず覚えておいて下さい。
そして(観音様のお礼の日)にお礼と共にどこまで叶えて頂けたか、もし、叶えが足りなければご自身の日々の行いが充分であったか振り返ります。

 

🔴今年厄年の方
以下の4つの干支の方は、出来るだけご参加下さい。
戌(いぬ)
辰(たつ)
牛(うし)
羊(ひつじ)
酉(とり)
の干支の方です。

 

そして必ず健康と財運を祈って下さい。特に「健康」を強くお祈り下さい。

 

🔴日時
3月11日(日)

9時50分解錠
午前10時30分から始めます(約2時間です)

 

🔴場所
文先生宅

 

🔴持ち物:
お供えもの(自由)
例えば
お花、芋類(さつまいも、山芋等)
果物(梨以外、ぶどう、いちご、りんご、みかん、メロン等)
穀物(お餅、白米(1合)、黒豆、赤豆、粟、玄米、生落花生等)お菓子など

・お布施
金額は自由です。
お気持ちでお願いします。

・水分補給用のお水やお茶

 

 

💐尚、参拝者一同で供花をお供えさせていただきます。

 

当日受付でお渡し下さい。
お一人 500円(予定)
参拝者数で決めさせていただきます。

 

🔴服装
観音様開庫は縁起が良くおめでたい日です。観音様へ尊敬の気持ちを表します。清潔できれいな服装でお越し下さい。過剰に露出が多い服装は控えて下さい。

 

🔴お参りの仕方
先ず自分のご住所・お名前・生年月日を言って下さい。次に願い事(いくらお金が欲しいとか、健康にして欲しいなどの願望)をお願いします。

来れない方の代理でお参りされても結構です。

 

 

重要
この開庫に参加される方は、来年の観音様開庫お礼の日に必ず参加して下さい。

 


参拝受付のお知らせ

 

今から、観音様開庫の日の参加者の受付をいたします。

 

👪当日来れない家族やお知り合いの方がいらっしゃいましたら、本人に代わって祈願して頂けます。

 

代理祈願される方がおられたら代理の方の名前もお知らせ下さい。

参拝申込はこちらをクリックしてください。
 

 

 

【参拝受付期間】


⏰3/5まで

よろしくお願いします。

 

明日2/20のお知らせ

 

明日は黄財神様(財の神様)のお誕生日です。

 

財の神様にお祝いと感謝を申し上げて、赤ワイン、甘い物を神棚と玄関にお供えすると良いです。お供えした赤ワインはご自身で頂いて下さい。

 

また黄色いローソクを灯すと良いです。

2018年度太歳様のお迎えについて

お迎えする方は(2018年が厄年の方)が対象です。

戌(いぬ)
辰(たつ)
牛(うし)
羊(ひつじ)
酉(とり)
の干支の方です。

太歳様のお札をお申し込みされた方は以下の日程でお迎えをして下さい。

※必ずご本人でなくてもかまいません、家族の方や友達でも代行できます。
その方の事を思ってお願いごとをして下さい


●太歳様のお迎えの日
2018/2/23〜2018/3/1の7日間の中で一日選んでお迎えして下さい。
必ず午前中12時までにお迎えします。

●始めに
顔を洗い歯を磨きます。
行事の前にはニンニクやネギは食べない様にします。

●用意するもの
お茶、くだもの(梨以外)、米(ご飯でも可)またはお餅、お線香、ロウソク(ロウソクは何色でも良)、
お渡しした「お迎え用」の赤いお札が入っている方の束だけを使います。
もう一つの束は来年お送りするときに使います。
 
・まず、赤いお札を出します。
<赤いお札の裏書きについて>
本人がお迎えする場合は、記入しなくても良いです。
代理の方がお迎えされる場合に裏面に記入します。
↑例)裏面の左端の余白に厄年の方の生年月日(西暦)と氏名を記入します。
・赤いお札(画像)は壁に貼って下さい。
場所は、リビングもしくは神棚、お仏壇など綺麗なところに。

・貼ってから
お線香、ロウソク、お供え物を、壁に貼った赤い御札の前に置きます。

・そしてお線香、ロウソクに火をつけて
3回「太歳様」、「太歳様」、「太歳様」と唱え、
今年1年守って下さいとお願いします
(ご自分の言葉で考えてお願いして下さい)

例)今年一年健康でうまく行きますように。
お願いの後、お札の束を燃やします。
(ご注意)赤いお札は燃やしません。

紙の燃やす順番はありません。
一枚一枚燃やしても良いですし、一度に燃やしても良いです。

燃やす場所
自分の家やベランダでOKです。方向はどちら向きでもかまいません。

・燃やした後
 灰は普通に処分して結構です。ゴミ箱に捨ててもかまいません。

●赤いのお札(保管)
1年間カバンや財布に入れていても良いですし、家の好きな場所に保管しても良いです。
壁に貼っても良いです。

※自宅でお迎えできない方は持ち運び出先でお迎えをしても結構です。

〜その他〜
厄年にあたっている方は、今年は赤い下着(パンツ)を身につけると良いです。
洋服なども出来るだけ赤色を身につけるようにします。赤色が魔除けになります。

来年に燃やす「太歳様お送り用」のお札の束は
大切に保管しておいて下さい。


来年になりましたら、お送りの方法をご案内します。
| 1/20PAGES | >>