文度母のSpace

皆さんが幸福な人生を送っていただくお手伝いができればと、
心から願っています!

明日、2/15は旧暦の大晦日(12/30)です。

 

2/15【大晦日】

 

大晦日には魂が帰ってきます。

 

自分の家に帰ったり、中には恨んでいる人の家にいき、その家の人の良くない行いを記録します。
そして自分ではどうしようも出来ないのでその記録を神様に訴えに行きます。
大昔の人は旧暦の大晦日に帰ってこられます。

 

★大晦日にはお供えをします。

中国では、大晦日はお膳(精進料理ではない)を用意してお供えをします。家によって色々な風習があります。→文先生は先祖供養をしてから食事をされます。

まず、先祖にお酒をついで外にまいて、更にお酒をついでお供えします。お膳をお供えしていたら17:00以降に匂いで食べることが出来ます。

レベルの低い先祖(ずっと昔のマイナスを覚えていて悪口をいう人)は「オンアホン」と唱えると食べることが出来る魂もあります。

 

年末の供灯をすると良いです。

 

大晦日の夜から新年にかけては青と赤のローソクを灯すと良いです。

特に、深夜12時前後の年が変わる時間帯は、明るく供灯して消えない様に新年を迎えて下さい。

 

青のローソク
今年一年間の業を取り除きます。

 

赤のローソク
ご先祖様が帰ってこられるので供灯して差し上げると良いです。


✨薬師如来様の誕生日
(旧暦9/30日)

✨地蔵菩薩様のお誕生日(旧暦7/30日)

も『30日』です。

旧暦の毎月30日はに供灯をすると神仏様に功徳が届きやすくなります。

また、明日は精進料理にすると良い日です。

 

 

2/16【旧暦の元旦】

 

年始の供灯
新年を迎えてからは黄色と赤のローソクを供灯すると良いです。

元旦の日は家にいる時間は出来るだけ一日中供灯して下さい。

 

今年一年の象徴として、一年間を順調に明るく過ごせるように供灯するのです。


弥勒菩薩様(みろくぼさつ)様の誕生日も『旧暦の1日』ですので神仏様に功徳が届きやすくローソクを7つ灯すと良い日です。

 

※旧暦の1日は精進料理にすると良い日です。


黄色いローソク


新しい一年が財運、善縁に恵まれます。

 

赤いローソク


帰って来られたご先祖様に供灯して差し上げます。

※色が違うローソクは同時に灯しても良いです。

 

同じカテゴリの記事
この記事へのコメント

コメントする









 
この記事のトラックバックURL
トラックバック